『DADA』幻灯劇場第7回公演

幻灯劇場第7回公演『DADA』

作・演出/藤井颯太郎
振付/本城祐哉 音楽/匠

京都駅地下鉄清水線十二番出口のFロッカー。
そこに不法居住する幽霊の弟と引き籠もりの兄。
兄弟はそのロッカーを「母」と呼んでいる。
二人は、20年前コインロッカーに捨てられていた赤ん坊だった。
或る夜、駅に見知らぬ女がやって来る。
「二十年前、そのロッカーに瞼の息子を捨てた。」

[出演]
今井聖菜 小野桃子 城野佑弥 橘カレン 鳩川七海 平元花奈 藤井颯太郎 本城祐哉 松本真依

[日時]
2018年3月
17日(土) 15:00 / 19:00
18日(日) 13:00 / 17:00

[会場]
大阪市立芸術創造館
(大阪府大阪市旭区中宮1-11-14
大阪市営地下鉄・谷町線 「千林大宮」駅、京阪本線 「森小路」駅から徒歩10分)

[料金]
前売 U25 1500円 / 一般 1800円 (当日は500円増)

[チケット予約]
カルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/dadadadada
お問い合わせ gentogekijo@gmail.com

幻灯劇場

祈りと遊びをテーマに誰にでもわかるアートを作る

0コメント

  • 1000 / 1000